• ホーム
  • ガンホー株価は?株主優待は?台湾人の取り込み!

ガンホー株価は?株主優待は?台湾人の取り込み!

セミナーを参加する人たち

ガンホーオンラインエンターテインメントは、スマホ向けゲームを主軸としてビジネス展開を行い、東証1部に上場する次情報通信関連企業です。
ガンホーはスマホ向け人気ゲームのパズドラ(パズルアンドドラゴンズ)が国内で人気となり、後に台湾でも人気が出ました。
台湾のGamania社との合弁会社を設立し、台湾でのシェア獲得を狙います。
このことは、台湾人の注目を浴び、今後のゲームソフト開発で大きく台湾人利用者を獲得する狙いがあります。
台湾人は日本企業に肯定的であり、今後、協業していくことで台湾市場やマカオ市場の開拓をして行くことでアジア市場でのスケールアップを図っています。
ガンホ―は、連結売上のほとんどがパズドラに頼っていたため、パズドラにピークアウトとなると2014年をピークに収益性の悪化が見られます。
ガンホーの株価は、2013年の5月をピークに下降トレンドとなり、現在でもじりじりと定位を推移しています。
同社は、内部留保として利益剰余金が有利子負債を引いてもい1000億円以上あり、自己資本比率74%弱と、財務力健全という強みを持ちます。
ガンホーは株主優待は提供しておらず、投資家は今後、ダウンロード無料などの株主優待を期待しています。ガンホーは2015年9月よりジャスダック市場から東証1部に市場変更しており、幅広く投資家を確保するため、現在は収益性の向上を目指しています。
台湾、マカオを始めとしてシンガポールへの市場開拓も視野に入れており、現在株価が低迷しているのも、これからの準備段階であるとの意見もあります。
会員である投資家に株主優待制度として、サービス提供することで今後囲い込みを図る目論見もあると言われています。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧