• ホーム
  • 人気の株主優待ランキング2015

人気の株主優待ランキング2015

グラフ

インターネットサイトなどでランキングが付けられる、株主配当人気が高い銘柄は、上位10位まではほとんど食品・飲食関連のサービス業が多いです。
食品加工業・外食産業(ファストフード・飲食チェーン)調味料などの製造業など食に関する様々な業種に人気が集まります。
これらの銘柄を持つ人には主婦や女性トレーダーが多く、経済的側面から女性は、株主還元策である優待制度を設ける企業に投資をする傾向があります。食品関連の株主優待の代表的なものとして、外食産業での食事券等で、ハンバーガーチェーンでは、無料券や牛丼チェーンでも並盛1食無料券が10枚綴りで配布されることなどがあり、飲食代が無料になるというベネフィットを求めて株を購入する人も多いでしょう。
持ち株数によって株主優待が受けられる金額も異なり、100株単位1000株単位と最低単元数保有で、優待権利月に当該企業の株を保有していた場合、株主優待品や株主優待券等が送られてきますが、100株1口とすれば200株で2倍、300株で3倍というように優待が受けられるわけではなく、100株以上500株未満で10敗無料券10枚綴り1つ、500株以上1000株未満10枚つづり2つのようになっていることが多いです。
株主優待目的で株を購入する人は、株価の上下に関係なく、株所有による優待というベネフィットを得るために投資をしているのみで、下がろうが上がろうが売れば、ベネフィットが受けられないため、長期で保有する人が多いでしょう。
ただ、100株で優待が受けられるのに1000株でその2倍となると、お得感がありません。
そのためにも100株づつ別の口座で購入すれば200株で1000株と同様の優待が受けられるためもっともお得となるでしょう。

関連記事