• ホーム
  • 双葉電子工業は株主優待がない三島製紙は上場廃止

双葉電子工業は株主優待がない三島製紙は上場廃止

日本円とグラフ

最近の投資ブームに乗って株を始めてみようと思っている人もいることでしょうが、そのような時には業績が堅調で配当や株主優待がある銘柄を選ぶと投資をしやすいです。
その理由として始めたての頃というのは売買のタイミングを掴むのが難しいため、高値で掴んでしまったり逆にいいタイミングで購入ができても安いところで売ってしまったりとしてしまいがちであるため、長期保有をしやすい配当や株主優待がある銘柄を選ぶことが投資をしやすく有利となるためです。
株主優待がある銘柄というのはそれほど多いものではなく、双葉電子工業のような銘柄の場合優待設定が無いことも少なくありません。
双葉電子工業のように個人向けの商売をしているわけではない企業というのは、自社商品を配布するといったこともできないため優待設定が無いことも多いのです。
一方で株主還元のために双葉電子工業のように、企業向けのビジネスを行っている企業でも株主優待があることもあるので事業内容だけで無いと決めつけるのも早計です。
次に三島製紙のように上場廃止になってしまうリスクも有るということを覚えておく必要がありますが、上場廃止になったからといって必ずしも株の価値は無くなってしまうわけではありません。
三島製紙の場合には倒産などによって上場廃止になったわけではなく、日本製紙グループの完全子会社化によって上場廃止となったので株の価値が無くなってしまったわけではありません。
しかし、投資をする立場としては三島製紙のような上場廃止であってもデメリットが大きなことが多いので、投資をする時には予想できる上場廃止のリスクが無いかということも確認をしてから投資をすることが重要な事になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧